東京では基本的に、ゼロマザーズ 株式会社
代表:050-5864-2212
東京都中央区八丁堀2丁目19-7 佐藤ビル5F
ゼロマザーズ内セミナールーム

THERAPY

ライフの周波数療法について

ローヤル・レイモンド・ライフ
ローヤル・レイモンド・ライフ
(Royal Raymond Rife 1888-1971)
大変優秀な学者であり、最初にジョン・ホプキンス大学で学び、次にドイツのハイデルベルク大学に行き、1913年にPhDをとっています。
1920年にライフは光学顕微鏡では成し得なかった世界初のウイルス顕微鏡を作り、観察しました。ライフの功績は大変すごい話ですが、しばしば「電子顕微鏡はウィルスを殺すから、現代科学では生きた状態で観察できない」と書いたものをみかけます。これは現代医療の観点から見ると嘘です。ガンとは細胞の異常です。通常の細胞はアポトーシスといい一定数分裂すると死にます。ところががん細胞は死なないで、増殖しつづけます。通常の細胞は一定の条件で増殖をやめます。だから悪性腫瘍として知られるガンはどんどん大きくなるのです。
ガンという異常な細胞を作り出す理由はウィルスだけではありません。活性酸素やDNAのコピーエラーなどさまざまな原因が、現在では知られています。ライフの話だけで「ガンの原因はウィルスだけ」と認識するのは大間違いです。)

その後、同様の原理によりウィルスや細胞が共鳴する周波数を強化すると、構造が耐えられず死滅することを発見しました。
ウィルスや細胞が共鳴する周波数を強化すると、構造が耐えられず死滅することを発見しました。
これはしばしば見かけるワイングラスを歌手が声で共振させ粉砕する現象に似ています。
固有の共振周波数は強力な力をもっているのです。
ライフは、よくある妨害工作により、研究データを没収されてしまいます。1971年、ロイヤルRIFEはおそらく、さまざまな周波数へ継続的な曝露で弱り切った体で亡くなりました。
しかしライフの技術は再現が用意であることから、あちらこちらに伝承されているのです。
  • STORY1
    STORY1
    ガンの原因のウィルスを超高倍率顕微鏡で発見したライフ
  • STORY2
    STORY2
    固有の共振周波数は
    強力な力をもっている
  • STORY3
    STORY3
    周波数療法で細胞が
    破壊される様子

ライフ周波数療法の具現化 1

ライフ周波数療法の具現化 1
周波数療法を実現する装置
ライフの周波数療法は微弱電流を人体に通すものでした。世界中で後継の回路が提供されていますし、効果があったという報告もあります。
回路の一例がオープンソースとして提供されております。
現在は制作されていませんが、初心者向けに「ライフの周波数療法の辞書」を見ることができます。

ライフ周波数療法の具現化 2

ライフ周波数療法の具現化 1
振動スピーカーの振動を利用して
音を体で聞く
サイマティクス療法やタンパク質の音楽など、周波数の音で人体組織を振動させる療法はいくつもあります。
ライフの周波数を音響として人体に流す方法も提供しています。

ライフ周波数療法の具現化 3

ライフ周波数療法の具現化 1
高徳治療院の星英之先生が発見した療法を用いたコラボレーション企画
星先生が辿り着いたライフの周波数を水のはいったボトルに転写して使うという画期的な方法です。この方法は安全で効果がもっとも高い方法です。
ライフの周波数療法が新たな段階になり発展した方法論であるためとくに「ニューライフリメディ療法」と命名されています。
COMMENT

“オステオパシーから発展させた独自の次世代型整体療法は
ライフ周波数療法を検証することで生まれました”

次世代型オステオパシーの専門家
高徳治療院 星 英之先生
VOICE

リメディーセミナー
卒業生からの報告

リメディーセミナー卒業生からの報告

1. 受講の動機

これから新しい土地でサロンを開こうと考えていました。他のヒーリング方法を習っていたのですが、効果に疑問を持ち始め、装置が何百万円もするためサロンを開いても回収可能かどうか悩んでいました。
ニューライフリメディなら多くの治療家が使っているので治せる道が見えるし、費用対効果は比較にならないくらいよい。新しい場所でもやっていけると思うので受講しました。

2. 受講直後の感想

あらためて周波数のパターンによっていろいろなからだの症状を改善できる凄さを実体験して良かったです。
やはり、解毒なのかその日の夜は好転反応が出て、だるさが出ましたが、次の日にはクリアになりました。
これからの自然療法の新たな分野で、多くのクライアントさんに喜んでいただける物だと感じました。
私自身、検査の精度を上げて、今の技術に新たに磨きをかけていければと思います。
個人的にはアレルギーやガンなどのケアも学びたいので、上級者向けセミナーの開催が楽しみです。

3. 一週間ほどたってから

数百種類のリメディの作成はまだ出来ていませんが、とりあえず反応が多い重金属などで試しております。
いつもいつも背中に違和感がある女性の方に、重金属が反応したので、治療をすると今までない柔らかさになり、劇的に回復したのにビックリしました。
昨日は私自身の歯根部の痛みがあったので、歯根炎が見つからなかったので、歯肉炎のリメディを作成しました。1分ほど幹部につけたところかなり痛みが軽減され驚きました。

4. 一ヶ月ほど経過してから

いろいろ興味深い症例が出てきました。右アキレス腱炎のリメディをテストで特定したら、右、胃経の条口穴にカンジタリメディ当てると出たので、30秒くらい当てたら直後に痛みが消失しました。ここにカンジタ?と面白かったです。
また右仙腸関節痛の方にどこに施術を加えたらよいかをテストで聞いていくと腎経の築賓と陰谷というポイントが特定されたので、ではリメディは?と聞いていくと、恐怖症のリメディでした。それぞれ30秒ずつ当てましたら、完全に痛みが消失しました。職場のストレスでかなり精神的な負担があったようで、この結果にこちらも驚きました。昨日は右肩の水平伸展痛とコリ感の強い方がお見えになりましたが、テストで右季肋部にリンパ血液循環のリメディを当てましたら即座に消失しました。毎日驚きの連続です。

セミナーに関する
お申し込みはこちら

外部リンクとなります。専門家が対象なので、前提知識についてお伺いすることがあります。

免責事項

ライフリメディ療法はアメリカで開発された療法です。記事にあるとおりアメリカでは詳細なデータは作られました。そのデータに基づきさまざまな研究をし、民間療法としてニューライフリメディ療法は開発されました。日々、技術の研鑽をしております。
ニューライフリメディ療法は人体に水の入ったボトルをかざすだけで、いかなる危険も伴いません。
しかし的確な結果をだすには専門的な知識が必要です。結果を出せる治療家はこのセミナーをとおして増えています。
しかし、どんな療法も万能でないことはご存知のとおりで、施術の結果には、個人差が生じることがございます。